ボックス!

ボックス!
 
久しぶりの試写会。
 
今日から韓国へ行くショウ先輩に譲ってもらいましたsign03
コマオ~sign01sign01sign01
 
 
かなり観たい!と思ってた作品なんで、話が来たときは、ほんと嬉しかったnote
 
 
しかもっsign03
 
監督の李闘士男さん、主演の市原隼人さん、高良健吾さんが舞台挨拶にっsign02
 
距離が遠すぎて、あまりよく見えなかった…(笑)
 
 
 
ボクシング…まったく興味のないあたしでさえも、生で試合が観たくなる。
そんなパワーのある映画good
 
 
カブちゃん役の市原隼人さんがカッコイイのはもちろんだけど、幼なじみのユウちゃん役、高良健吾さんはステキだったheart04

 
 
そして、何気に映画を観ながら感じてたことを一緒に観てたChattyも思ったようで…。
 
顔に傷だらけで笑うところとか、
 
何気ない表情とか…。
 
 
2PMのチャンソンでしたよっsign01sign01sign01(爆)
 
 
似てると思うんだけどなぁ…shine(笑)
 
 
(★★★☆)
 
 
『ボックス!』(日本/2010)
監督:李闘士男
出演:市原隼人、高良健吾、谷村美月、香椎由宇、筧利夫
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

セール犬

あーあーあーっsweat02


こんなこと今までなかった…。


試写会あるのに、帰れない日々。


ここのところ、最初から観れた試しがない。


で、『マーリー』観てきたけど…。


すでにマーリーは、おっきな犬になってたsweat02sweat02sweat02


あーあーあーあー。


『マーリー』。
犬を飼ってた頃のことを思い出す。


犬のスゴイところは、人が悲しんでたりすると、そばに寄ってきて、慰めてくれたりするところ。


そんなワンシーンが、心に響いた。


マーリーと共に、家族が家族になっていく姿。


久しぶりに大泣き。


(★★★)


『マーリー』(2008/アメリカ)
監督:デビッド・フランケル
出演:オーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストン、エリック・デイン、アラン・アーキン、キャスリーン・ターナー

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ミュージカルday

久しぶりに、1日の映画の日に、映画館へ行ったけど、たくさん人がいてビックリしたshock


まっ、日曜日ってこともあるしねcoldsweats01


そんな映画の日。
ミラっちと、


“2本観ようgood


何を観るかと言えば、


勝手にミュージカルデーnote


気付けば、2作品ともミュージカルhappy02


『マンマ・ミーア!』


『ハイスクール・ミュージカル』


『マンマ』は、劇団四季の舞台も見てたんで、ストーリーは、理解してた。


てか、ホント楽しいshine


観てるだけで、勝手に体がリズムを刻む。
そして、観終わった後も、いつの間にか、口ずさむ自分が…happy02
ソフィとドナのパワーを貰いたいとき、観たい作品。


(★★★)


一方の『ハイスクール』は、主演の2人がとにかく、イイshine


可愛いし、カッコいいし…happy02


高校生の時に観たかった(笑)


どちらの作品も元気をもらうには最高good


(★★☆)


『マンマ・ミーア!』(2008/アメリカ)
監督:フィリダ・ロイド
出演:メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド、
   ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、
   ステラン・スカルスガルド、ドミニク・クーパー、
   ジュリー・ウォルターズ、クリスティーン・バランスキー


『ハイスクール・ミュージカル‐ザ・ムービー』(2008/アメリカ)
監督:ケニー・オルテガ
出演:ザック・エフロン、バネッサ・ハジェンズ、
   アシュレイ・ティスデイル、ルーカス・グラビール
   コービン・ブルー、モニーク・コールマン
   オリシア・ルーリン、バート・ジョンソン、
   アリソン・リード、マット・プロコップ、
   ジャスティン・マーティン、ジェマ・マッケンジー=ブラウン、
   マンリー・オルテガ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鏡の向こう側の私

ホラー映画。
結構苦手な友達がいることに最近気付く。

そういえば、うちのキャサリンも『呪怨』をみるときは、必ずあたしを誘ってたな~。


で、唯一、

“観たいよね~shineshineshine

意気投合したChattyと、

『ミラーズ』を観に109へ。
年明け初の映画館での映画鑑賞movie


韓国映画のハリウッドリメイク。
オリジナルは未観賞。

ホント、最近リメイク多いな…sweat02

キーファー出てるけど、どんな作品なんだろ?

結論。


エクソシストが必要でしょsign03


うん。


(★★★)

『ミラーズ』(2008/アメリカ)
監督:アレクサンドル・アジャ
出演:キーファー・サザーランド、ポーラ・パットン、
   エイミー・スマート、キャメロン・ボイス

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

それは井戸から始まる

いやぁ~…2回も観てる自分にビックリ(笑)

『魔法にかけられて』。

ディズニー映画で、アニメと実写がコラボした作品。


魔法の王国アンダレーシアに住むジゼルは、エドワード王子と出会い、ハッピーエンドかと思いきや、魔女によって、現代のニューヨークへ飛ばされる。


ほんと楽しかった~~~vvv

現代のニューヨークで右も左も分からないジゼルが、弁護士のロバートと娘モーガンに助けられ、少しずつ生活に慣れていく様子とか、なんか微笑みながら見てる自分が…。セントラルパークでのジゼルが皆を巻き込んで歌いだすミュージカルシーン。こちらは、ディズニーアニメがそのまま実写化されたような華やかさwよかった!!!

久しぶりのプリンセスストーリーかなw

(★★★)

『魔法にかけられて』(2007/アメリカ)
監督:ケヴィン・リマ
出演:エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、
   スーザン・サランドン、ジェームズ・マースデン、
   レイチェル・カヴィ、ティモシー・スポール、
   イディナ・メンゼル、サマンサ・アイヴァース、
   ジェフ・ベネット、ケヴィン・リマ

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

ジャーナリストの使命

衝撃的な作品でした。

『マイティ・ハート』

アンジーが主演の映画。
パキスタンで、彼女の夫である記者が誘拐。
前知識はこの程度。試写会鑑賞です。


舞台は2002年1月のパキスタン。
W・ストリート・ジャーナルの記者、ダニエル・パールが取材に向かった先でテロリストに誘拐される。
彼を救出するために、パキスタン、アメリカ、フランスのあらゆる機関の人々が、ダニエルの妻であるマリアンヌの元へ集まり、捜索が始まる。


真実であるが故に、やり切れない映画でした。


人間の根本を考えさせられ、争いの中からは何もうまれない。つくづく実感させられました。


この作品に、多くの人が触れる機会を得て、争いのない、平和な世界となることを願って…。


(★★★)

『マイティ・ハート』(2007/アメリカ)
監督:マイケル・ウィンターボトム
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ダン・ファターマン、
   アーチー・パンジャビ、イルファン・カーン、
   ウィル・パットン、デニス・オハラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

監察医白川氏の苦悩 MAKOTO

その場所、

その人に、

“想い”を残して死んでしまった者の霊が“見えてしまう”

真言が主人公の映画。

『MAKOTO』を試写会で一足お先に鑑賞です。

霊があちこちにいて、慣れるまでちょっと怖いです…(笑)
生きている人間まで霊に見えてしまったり…。

でも、死んでしまった人間の体だけでは、分からないことを“彼ら”は訴えようとし、そこから様々な事件解決への糸口が見つかる辺りは、すっきりします。ただ、最後が…。

もう一ひねりあるかな?と思ってたんですが、素直に、流れのまま終わってしまいました。
そこだけは、残念かな。。。


(★★☆)

『MAKOTO』(2005/日本)
監督:君塚良一
出演:東山紀之、和久井映見、哀川翔、ベッキー、室井滋、
   河合美智子、小堺一機、中島啓江、別所哲也、佐野史郎、
   武田鉄矢

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

デイブとショーンとジミーの映画

いや~、本当に、久しぶりに、お気軽ビデオ鑑賞をしましたvvv
タイトルは、『ミスティックリバー』です。
出演者の顔ぶれが凄いです。。。
ティム・ロビンスが好きなので、気になってはいた映画なのですが、蓋を開ければ、
ケビンもいるし、モーフィアス…いやいや、フィッシュバーンもいるし、ショーン・ペンだし
圧倒されてしまいました。あわわわ…。

ストーリーは、ジミー、デイブ、ショーンの3人の少年時代から始まり、デイブが誘拐
拉致監禁される事件へと発展していくわけですが、4日後、彼が見つかった時には、
すでに3人の絆はなくなっており、時は大人へと成長した3人の物語へと移っていき
ます。そこで起こったある殺人事件がストーリーの軸となるわけですが。。。

最後の最後まで、事件の真相は、分かりませんでした(汗)
誰が殺したのか?誰が嘘をついているのか?真実は一体何なのか?
人間が陥りやすい“罠”が上手く描かれている映画だなあ~と思いました。
久しぶりにワクワクしながらのビデオ鑑賞でしたvvv

(★★★)

『MYSTIC RIVER-ミスティック・リバー』(2003/アメリカ)
監督:クリント・イーストウッド
出演: ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケビン・ベーコン
    ローレンス・フィッシュバーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローラ・リニー

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

戦うことの切なさ。

ムルデカ17805~MERDEKA~

友人から、映画『ムルデカ』のビデオを借りました。
“ムルデカ”とはインドネシア語で「独立」を意味する言葉だそうです。
本編の中ではお互いを支える合言葉として発せられていました。

どうしてでしょう???ボロボロ泣きながら見てました…。

戦争映画は見慣れているので、よほどの悲劇がないとホロリとも涙のでないわたくしですが、この映画だけは、中盤から人が死んでいくたびに、涙が出てしかたがありませんでした。。。

巷で、多くの議論がなされているみたいですが、どんな理由があったとしても、戦争はだめだよ、と改めて考えさせられました。

戦い、死んでいく人にも愛する家族はいるし、殺してしまった人にも、守らなければならない家族や、仲間がいます。

今、一個人として考えるべきことは、自分自身の在り方でしょうか。。。

(★★)

『ムルデカ17805』(2001/日本)
監督:藤由紀夫
出演:山田純大、保坂尚輝、榎木孝明、六平直政、藤谷美紀、
    津川雅彦、
    ムハマド・イクバル、ローラ・アマリア、アウリア・アクサン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

MATCHSTICK MEN ~マッチスティック・メン~

潔癖症の詐欺師ってどうなのよ?
と思いながらも『マッチスティック・メン』を見ました。
劇場公開時から気になっていた作品ではあったのですが、ニコラス・ケイジやってくれましたvvv潔癖症という問題を抱えているにも拘らず、コミカルに日常を表現していて、見ているこちらまで

「あ!絨毯の上に土足で上がってる!」

などとツッコミをいれてしまうほどでした。

ストーリー中盤から、あーだこーだと結末の予想をしてはいたのですが、いやはや、なんとも…。
これ以上申し上げますと、見ていらっしゃらない方には、面白さが半減してしまいますので、「問題ないよ~」とおっしゃる方だけ↓ドラッグ反転して見て下さい(ペコ)


最初は、潔癖症の詐欺師ロイ(ニコラス・ケイジ)が、カウンセリングを受けている医師のおかげで14歳になる自分の娘とも会うことができ、その結果、娘との交流のおかげで、病的な潔癖症ともおさらばなのかなあ~と思っていました。
しかし終盤、あれよあれよと、結ばれていた糸が解けていく。ま、ま、まさか!?
相棒のフランクと娘のアンジェラ、はたまた精神分析医、まとめてみんなが詐欺師だったなんて!!!

詐欺師が詐欺師に詐欺をする(笑)

スタイリッシュに景気よく、最後まで、主人公ロイと共にこちらまで騙されてしまいました。

完敗です。

でも、騙されたと気づいた数年後、最後にロイは、娘のアンジェラと再会するわけですが、その後の展開にも「そうきましたか~。」と、思わず地団駄踏んでしまいました。ま、こういう展開もありなのね~、でした。

(★★★)

『マッチスティック・メン』(2003/アメリカ)
監督:リドリー・スコット(エイリアン、ハンニバル)
出演:ニコラス・ケイジ(ザ・ロック、天使のくれた時間)
    サム・ロックウェル(セレブリティ)
    アリソン・ローマン(ホワイトオランダー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|