« 感謝の気持ちを表す方法 | トップページ | 本日の収穫 »

謎だらけの自由の女神

ポスターの段階から、どんな映画なのかかまったく明らかにされていなくて、気になっていた映画がようやく公開。

さっそく観てきました。


『クローバーフィールド』


座席のチケットをもらう際、一枚のチラシを渡され、確認されたのが、

“アトラクションタイプの映画のため、乗り物酔いの症状を引き起こす可能性があるかもしれない”

とのこと。


舞台は、5月22日のニューヨーク。
日本への栄転が決まったロブのサプライズパーティーの最中、事件は起きる。
地響きを聞いた彼らは、屋上にのぼると、異様な光景を目にする。そして、悪夢が始まる。

そのパーティーから録画され続けた翌朝までの12時間の映像。

暗号名“クローバーフィールド事件”。

“U-477”地域で回収されたそのビデオカメラに残されていた映像の一部を私たちがみることになる。


厳重な注意を受けた理由が、映画を観て判明。

映像は、ホームビデオ風な撮影なので、画面の動きがかなりハード。でも、“リアル感”はすごく感じられた。

最後まで、なぜニューヨークが襲撃にあったのか?とか、なんか色々疑問があって、今でもすっきりしない。これらの謎を知っているのは、今ここにいる私たちの“世界”じゃなくて、“クローバーフィールド事件”後、生き残った人々に聞くほか手立てがない。


(★★★☆)
『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008/アメリカ)
監督:マット・リーヴス
出演:マイケル・スタール=デヴィッド、マイク・ヴォーゲル、
    オデット・ユーストマン、リジー・キャプラン、ジェシカ・ルーカス、
    T・J・ミラー

|

« 感謝の気持ちを表す方法 | トップページ | 本日の収穫 »

MOVIE&DRAMA~か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21454/40797291

この記事へのトラックバック一覧です: 謎だらけの自由の女神:

« 感謝の気持ちを表す方法 | トップページ | 本日の収穫 »