« 焼き肉屋さんに連れてって | トップページ | 星を探しに旅に出よう »

2022年の栄養食品

Soylent_green“『オメガマン』のリメイク作品で『アイ・アム・レジェンド』がでてきたなら、この映画もそのうちリメイクされるに違いない。ちょっと観てみろ。”

うちの父親のひと言で、レンタルしてみました(笑)


チャールトン・ヘストン主演の映画。

『ソイレントグリーン』


舞台は、2022年のニューヨーク。
気温の上昇により、食物は育たなくなり、人々の主食は、“ソイレント”とよばれる人工食品となっていた。
そんな中、ソイレントの生産会社の幹部が殺され、主人公の刑事ソーンが捜査に乗り出す。

刑事には、“BOOK(ブック)”と呼ばれる人間が事件を調査をする者として、1人つく。

マンションには、“FURNITURE(家具)”と呼ばれる女性が、身の回りの世話をする者として、一部屋に1人つく。


2022年のニューヨークは、人があふれ、物資が足らず、人が人として生きることの意味を考えさせられる時代。


未来のない終わり方がなんとも破滅的な感じがして、この時代の映画なのかな~と思ったり。。。

でも、これが、今を生きる私たちの将来を示唆していると言ってもおかしくないから、なんだか恐い映画だな~とも思ったり。


(★★☆)

『ソイレント・グリーン -SOYLENT GREEN』(1973/アメリカ)
監督:リチャード・フライシャー
出演:チャールトン・ヘストン、エドワード・G・ロビンソン
   リー・テイラー=ヤング、チャック・コナーズ、ジョセフ・コットン、
   ブロック・ピータース、ポーラ・ケリー

|

« 焼き肉屋さんに連れてって | トップページ | 星を探しに旅に出よう »

MOVIE&DRAMA~さ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21454/40617422

この記事へのトラックバック一覧です: 2022年の栄養食品:

« 焼き肉屋さんに連れてって | トップページ | 星を探しに旅に出よう »