« 花桃と水芭蕉を楽しむ Drive | トップページ | 後味の「残る」交流戦…  ドラゴンズvsホークス Baseball »

アキレスの黒い鎧 TROY

“アキレス腱”の由来と“トロイの木馬”の由来が詰め込まれている映画。

『トロイ』見ましたvvv

公開当時、話題作にもかかわらず、珍しく映画館へ足を運ばなかった作品。
しかも、レンタルビデオが開始されてから、かなり時間がたってからの鑑賞です。いつもは、新作愛好家(笑)の父の次ぐらいには、話題作を見るんですが、今回は、家族全員が既に見終わっており、わたくしが、唯一最後に見ていない者として残りました。どうして見なかったんでしょう???たぶん、ブラッド・ピットがマッチョだったから。。。あわわわ…。

舞台は、紀元前12世紀。ギリシャでは、長年にわたり各国での争いが耐えませんでした。
そんな中、スパルタ国王の元へ、トロイの王子である兄のヘクトルと弟パリスが、和解の使者として訪れ、和解は一度は成立するのですが、弟パリスが、スパルタ国王の妃ヘレンに恋をしてしまい、トロイへと連れ帰ってしまいます。。。

有名な古代ギリシャ戦争を描いた作品なので、もちろん戦闘、戦闘、戦闘。
身内を殺され、その報復をし、また報復をされ。。。終わりのない戦いのようにも思いましたが、終わりはあるわけで。。。

ちょっと、疲れました…。

唯一、トロイの王であるプリアモス。
彼が、人として、子の父として、王として…、この戦いの中で、アキレスが認めるほどの人物であったことが、救われる部分かと…。

オーリーが、ホントに、情けない弟王子様でしたね(笑)
兄王子ヘクトルを演じたエリック・バナ、カッコヨカッタですvvv


ブラットと、オーリー目当てにこの映画を見たんですが(汗)
エリックは、素敵でした~vvv

発見vvv


(★★★)

『トロイ』(2004/アメリカ)
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
出演:ブラッド・ピット、エリック・バナ、オーランド・ブルーム、
   ダイアン・クルーガー、ショーン・ビーン、ブライアン・コックス、
   ピーター・オトゥール、ブレンダン・グリーソン、
   ジュリー・クリスティ、ローズ・バーン、サフロン・バロウズ

|

« 花桃と水芭蕉を楽しむ Drive | トップページ | 後味の「残る」交流戦…  ドラゴンズvsホークス Baseball »

MOVIE&DRAMA~た」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21454/4137048

この記事へのトラックバック一覧です: アキレスの黒い鎧 TROY:

» アキレス [日本企業専門館]
アキレスギリシャ神話に登場する英雄アキレスついてはアキレウスを参照。アキレス腱を意味する。化学素材、ゴムボート、靴製造会社についてはアキレス (化学工業)を参照。Wikipediaより引用...... [続きを読む]

受信: 2005.07.06 00:09

« 花桃と水芭蕉を楽しむ Drive | トップページ | 後味の「残る」交流戦…  ドラゴンズvsホークス Baseball »