« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

ピットとアルの大冒険 SAHARA

またまた試写会へ行ってきました。いつもは、一人だったり二人だったり…。でも、今日は4人。しかも多国籍vvv面白かった~。大勢で行くと、いろんな意見を聞くことができるので楽しいですねvvvまた行きたいな~。

さて、相変わらず、マシューが見たくて前知識無しの鑑賞となりました。

『サハラ』

舞台は、ナイジェリアとマリの国境付近。南北戦争時代に莫大な財宝と共に忽然と姿を消した甲鉄艦テキサスを発掘するべく、ピットは向かうが…。

映画のストーリー自体はどこかで見たような展開の物(汗)

しかし、主人公ピットとその相棒のアル。
二人の掛け合いが面白い!
笑いのツボでした。

(★★☆)

『サハラ』(2005/アメリカ)
監督:ブレック・アイズナー
出演:マシュー・マコノヒー、スティーヴ・ザーン
    ベネロペ・クルス、ランベール・ウィルソン、
    グリン・ターマン、デルロイ・リンドー、レイン・ウィルソン、
    グリン・ターマン、ウィリアム・H・メイシー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

キマグレで息を吹き返す ELEKTRA

映画『デアデビル』で衝撃の死を遂げた“彼女”の作品ができました。

『エレクトラ』を試写会鑑賞です☆

もちろん、ベンは出演してません(汗)

なぜか、ボブ・サップが出演しています(滝汗)

今回は同僚から譲ってもらいましたvvv
フラダンスのレッスンがあって行けないということで、その代わりです。

物語は、忍術“キマグレ”によって蘇った一人の女性暗殺者を描いています。
冒頭のプロローグで“忍術”という文字を見つけた時点で「日本語出てくるな…」と思ったら、至る所にでてきました。

え???

そ、そ、そんな感想ですか?

あわわわ…。

(★★)

『エレクトラ』(2005/アメリカ)
監督:ロブ・ボウマン
出演:ジェニファー・ガーナー、ゴラン・ヴィシュニック、   ウィル・ユン・リー、ケリー=ヒロユキ・タガワ、
   ボブ・サップ、テレンス・スタンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千里眼と呼ばれる者の運命 -予言

映画『感染』と同時上映で公開された映画『予言』を見ました。

舞台は、帰省途中の家族3人が電話ボックスに立ち寄ったところから始まります。
妻と娘を車に残し、夫は電話ボックスの中へ。そこで、彼はある古い新聞記事を見つけます。そこには、自分の娘の死亡記事が、書かれており、しかも時刻はちょうど現在の時間、8時頃…。電話ボックスを出た彼の前には衝撃的な光景が。。。

ちょっと、恐かったです。。。こんな新聞が実際に自分の元に届いたら、どうなっちゃうんだろう???と思いました。しかも、自分の運命を知らせる新聞。。。

いや~~~、これもまた多くを語ってしまうと面白さが半減してしまいますので、ここまでで、ストップですねvvv

『感染』と『予言』。

どちらも恐怖をジワジワと感じる作品ですvvv


(★★☆)

『予言』(2004/日本)
監督:鶴田法夫
出演:三上博史、酒井法子、堀北真希、小野真弓、
    鶴水瑠衣、藤真美穂、井上花菜、伴大介、
    山路和弘、山本圭、吉行和子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世にいう、花男。の台湾版  流星花園

世の中は、韓流ブームで、何を隠そう自分もこの春から韓国語を勉強し始めたのですが、周囲が台湾ブームになっています。。。あ、言っておきますが、韓国語は、「ヨンさまの言葉を理解したい~vvv」という目的からではないです(汗)たまたま空いている1限目に「韓国語入門コース」があったからです…あわわわ。。。

さて、台湾ブームと言いましても、わたくしもあまり詳しくないんです。。。
あくまでも『周囲』が盛り上がっているというところがポイントです。ただ、おそらくその波にのまれるのも時間の問題かなあ~という気がしないでもないです。。。すごく面白いらしいですvvvこのドラマ。

その台湾ブームをこれから巻き起こすであろう火付け役がF4ですvvvイイ男ぞろいで、彼らが『花より男子』原作の台湾TVドラマ『流星花園』の4役を演じています。

この作品、2001年に製作されたものみたいですが、日本の地上波で放送されるまでに、かなりの時間が経っています。先に韓流ブームが来てしまったので、出遅れた形に。。。

さて、まだ見ぬ作品の感想は、後日UPすることにして、今、ちょっと注目しているドラマですvvv

『流星花園』(2001/台湾)
監督:蔡岳勳
プロデューサー:紫智屏
出演:バービィー・スー、ウイニィー・チェン、ジェリー・イェン、
    ヴィック・チョウ、ヴァネス・ウー、ケン・チュウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デリートされた記憶 THE FORGOTTEN

ひゃひゃひゃひゃひゃ。

待ちました!!!

ホント待たされましたよー!!!

映画『フォーガットン』の試写会へ行ってきました。

昨年の9月に全米公開され、今か今かと待ち望んだ作品です。

9歳の息子サムを飛行機事故で失ってから、母親テリーは立ち直れずにいました。
それは、14ヶ月という長い間…。
そんなある日、飾ってあった家族写真から、サムの姿が消え、サムの9年間の成長が綴じられたアルバムからは写真が全て消えてしまいます。
動揺したテリーに、精神科医は告げるのです。

“息子は最初から存在しなかった”

と。
しかし、彼女は“息子の記憶”を探し求めて、ある人物の元を訪れますが…。

良かったです!
かなり良かった!!!

最近のハリウッド映画は、脚本がつきたのかな?と思うことがしばしば…。ファンタジーか、伝記物、あと、どこぞの国のリメイクが多くて…。ま、それらも楽しいと言えば楽しいし、面白いと言えば面白いから、それはそれで好きなんですけどね。

でも、今回は、ちょっとビックリしました。
考えていたラストと予想もしていなかった方向へいきましたし…。

ただ、ま、一言でいうなら、

“アメリカが好きそうな映画。”

かな?あわわわ…。(汗)

では、これからご覧になる皆さん。始まって15分までにラストの予想を立ててみて下さいね。
最近の映画にしては、時間の短い1時間半でラストを迎えてしまいますから!!!

(★★★★)

『フォーガットン』
監督:ジョセフ・ルーベン
出演:ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、
   ゲイリー・シニーズ、アルフレ・ウッダード、
   アンソニー・エドワーズ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

死してなお助けを呼ぶ者 TRU CALLING

『24』に続き、話題の海外ドラマとして注目されている

『トゥルーコーリング』

見ました。


これがなかなか面白いですvvv


ドラマは、主人公トゥルーの卒業式の日から始まります。
医学部へ進むために、インターンとして病院で働こうとしていたトゥルーの前には、厳しい現実が待ち受けています。それは、モルグ≪死体安置所≫への勤務変更。。。そこで彼女を待ち受けていたのは、助けを呼ぶ死者たちの声で。。。


まだレンタルが開始されたばかりなので、1巻しか見ていません(汗)手元には、2巻もありますが。。。1話完結というスタイルは、『24』とは異なるので、自分自身、このまま見続けるかどうか?ですが、それでもストーリー展開にはスピード感があり、続きも見たくなる作品ですねw

さて、『24』ほどハマるかどうか???

秋には、『24』のⅣシーズン(DAY 4)もレンタルが開始されるそうなので、そちらに乗り移っちゃいそうな気がしないでもないですが…あわわわわ。。。


『トゥルーコーリング』(2003~2005/アメリカ)
製作総指揮:ジョン・ハーモン・フェルドマン
出演:エリザ・ドゥシュク、ショーン・リーブス
    ザック・ガリフィアナキス、A・J・クック、ジェシカ・コリンズ、
    マシュー・ボマー、ジェイソン・プリーストリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1万ヒット超えましたよvvv 10000hit

当ブログへのご訪問者様が、な、な、な、なんと!?

1万人を超えました!!!

パチパチパチvvv(自分で拍手(笑))

嬉しいですね~vvv

楽しく続けてきて、ホント良かったですvvv

そして、テンプレートデザインも変更してみましたvvv
ココログも、色んな種類のデザインが増えてきたので、更に楽しさ倍増です。今までの“赤”を基調としたものの“青”バージョンですvvv色が変わっただけで、気分も変わりますね。

今後とも

“ぶらり”

と訪れて頂ければ、これ幸いですvvv

| | コメント (2) | トラックバック (0)

回ってます。。。

“いつまで続けられるんだろう???”

と思っていた

『RED STONE』

思った以上に続いてますvvv

そのせいにするのもどうかと思うんですが、おかげで、こちらが低迷気味に。。。。あわわわ。。。。

GWまでほぼ毎日顔を出していたものですから、3、4日顔を出さない日が続いたら、ドメさんからは、

「飽きた?もう飽きちゃった?だって来ないから~!」

と言われる始末。。。

いや、わたくしも色々と忙しいんです。はい。


そして、気が付けば、カウンターが9000超えてるじゃないですかっ!?


もうすぐ、1万ですよ!?

ビ、ビックリですよ!!!

スゴイですよっ!!!


記念企画考えようかなあ~vvv

と言っても良い案があるわけではないのですが…(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後味の「残る」交流戦…  ドラゴンズvsホークス Baseball

野球観戦好き(あくまでも観戦・笑)の友人と一緒に、今年話題の交流試合を観戦。

“中日vsソフトバンク”

を見てきましたvvv

彼女と見に行く試合は、いつも負け試合だったので(汗)今日もやっぱり…負けるかな?と思いながら見てましたら、

中日の“さよならゲーム”

中日の連敗が止まり、試合に勝ってくれたので嬉しかったんですよvvvvホント!!!


でも。。。

う~~~ん。。。

荒木選手の怪我の一件や、福留選手のホームランの一件等々…。試合中、審判協議が何度となくあったので、なんだか後味の残る試合でした~。

ちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アキレスの黒い鎧 TROY

“アキレス腱”の由来と“トロイの木馬”の由来が詰め込まれている映画。

『トロイ』見ましたvvv

公開当時、話題作にもかかわらず、珍しく映画館へ足を運ばなかった作品。
しかも、レンタルビデオが開始されてから、かなり時間がたってからの鑑賞です。いつもは、新作愛好家(笑)の父の次ぐらいには、話題作を見るんですが、今回は、家族全員が既に見終わっており、わたくしが、唯一最後に見ていない者として残りました。どうして見なかったんでしょう???たぶん、ブラッド・ピットがマッチョだったから。。。あわわわ…。

舞台は、紀元前12世紀。ギリシャでは、長年にわたり各国での争いが耐えませんでした。
そんな中、スパルタ国王の元へ、トロイの王子である兄のヘクトルと弟パリスが、和解の使者として訪れ、和解は一度は成立するのですが、弟パリスが、スパルタ国王の妃ヘレンに恋をしてしまい、トロイへと連れ帰ってしまいます。。。

有名な古代ギリシャ戦争を描いた作品なので、もちろん戦闘、戦闘、戦闘。
身内を殺され、その報復をし、また報復をされ。。。終わりのない戦いのようにも思いましたが、終わりはあるわけで。。。

ちょっと、疲れました…。

唯一、トロイの王であるプリアモス。
彼が、人として、子の父として、王として…、この戦いの中で、アキレスが認めるほどの人物であったことが、救われる部分かと…。

オーリーが、ホントに、情けない弟王子様でしたね(笑)
兄王子ヘクトルを演じたエリック・バナ、カッコヨカッタですvvv


ブラットと、オーリー目当てにこの映画を見たんですが(汗)
エリックは、素敵でした~vvv

発見vvv


(★★★)

『トロイ』(2004/アメリカ)
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
出演:ブラッド・ピット、エリック・バナ、オーランド・ブルーム、
   ダイアン・クルーガー、ショーン・ビーン、ブライアン・コックス、
   ピーター・オトゥール、ブレンダン・グリーソン、
   ジュリー・クリスティ、ローズ・バーン、サフロン・バロウズ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

花桃と水芭蕉を楽しむ Drive

Basho今日は、家族で久しぶりにドライブです。
例年のGWのことを思うと、今年は、毎日がとっても良い天気。なのに、部屋の掃除ばかりで少々疲れ気味のところへ気分転換のドライブ。
楽しかったですvvv

花桃と水芭蕉を見てきましたvvv

先に、ロープウェイで山を登り、水芭蕉を見ることに。
ちょっとした森の中を進んでいくと、ちっさくて可愛い水芭蕉が、一面に咲いてましたvvv
日の当たる場所には、大きな水芭蕉が咲いていたんですが、木々の陰になる場所に咲いている水芭蕉は小ぶりな感じがしました~。大きさは、こんなものでしょうか?

hanamomo2そして、花桃!!!

こちらは、終わりに近かったんですが、とっても綺麗でしたvvv1本の木から、白と桃色の花が咲いているんです!!!しかも、綺麗に枝ごとに分かれているものもあれば、同じ枝に2色の花がついていたりvvv
また、風に吹かれて花びらの散る様は、なんともいえない幻想的な風景でした~。

hanamomo1見に行こうと誘われた時は、

“花桃って何?”

でしたが、見に行って良かったですvvv
プチ感動の1日でした~vvv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »