« 友人の有り難さを痛感する今日という日 | トップページ | 稲穂のこうべが垂れるまでに SAMURAI 7 »

財前教授と里見助教授 The Tower 2003

今頃?なんですが、『白い巨塔2003』を見ました。

姉妹に、

「何か面白いものない?」

と聞いたところ、

「これは絶対見るべきだ!」

との返事。

まず、Vol.1から3までレンタルしたんですが、週末に通し
て見てしまい、すぐに最終話までレンタル。


“リアルタイムで見るべきだった…”


あのスピード感とドキドキ感がたまらなく良いです。
唐沢氏のあの大学病院への染まり方が素敵です。

そして最終回は、涙の大洪水でした。。。

人は死を前にした時、これほどに気丈に振る舞えるのだろう
か?と…。

私は、無理かな…。

|

« 友人の有り難さを痛感する今日という日 | トップページ | 稲穂のこうべが垂れるまでに SAMURAI 7 »

MOVIE&DRAMA~さ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21454/2862811

この記事へのトラックバック一覧です: 財前教授と里見助教授 The Tower 2003:

« 友人の有り難さを痛感する今日という日 | トップページ | 稲穂のこうべが垂れるまでに SAMURAI 7 »