« “お茶”の魔力は偉大 | トップページ | 彼女がスパイをやめる理由 SPY BOUND »

彼はフィリッポスの息子 ALEXANDER

話題の映画とされている『アレキサンダー』を一足お先に
試写会鑑賞です。先輩に譲って頂きました。『セルラー』と
ブッキングしてしまったそうで、先輩は『セルラー』を見て
います。
この場をお借りして、Sさん、いつも有り難うございます!

え~っと、実は歴史物の映画は苦手なわたくしです(笑)
なので、グラディエーターとか、トロイも見ていません。(汗)

なのに、見ています。(笑)

“だって、アンジーが出ているから!!!”(笑)

彼女が、今回はどんな役柄を演じるのか楽しみで。。。
王妃であるアンジーが見事に年老いていく姿を見ることが
できましたvvv
コリンは。。。う~ん。。。(汗)

紀元前360年頃のマケドニアが舞台。ギリシアは衰退し、
ペルシア帝国が一帯を制していました。
その時代を生きたアレキサンダーの生涯を描いた作品。

3時間弱の上映時間があっという間でした。それだけ映画に
見入っていたということですね。

よくある歴史スペクタクル映画とは違うように感じました。
その理由は、“英雄”であるアレキサンダーが人間臭かった
ところ。もちろん、彼が“英雄”であることに変わりはない
のですが…。

父への愛。母への愛。

そして、友であるヘファイスティオンとの愛。

アレキサンダーが最愛の友を亡くした時の悲しみは、見ている
こちらにも、深く、深く染み渡ってきました。

生涯、全てにおいて手放しに信頼できる人を得られることほど
幸せなことはないのかな、と。今で言うソウルメイトかな。

戦争、仲間、家族、友情、愛。

いろんなことを考えましたね~。。。うん。


(★★★☆)

『アレキサンダー』(2005/アメリカ)
監督:オリバー・ストーン
出演:コリン・ファレル、アンジェリーナ・ジョリー、ヴァル・キルマー、ジャレッド・レト、ロザリオ・ドーソン、アンソニー・ホプキンス

|

« “お茶”の魔力は偉大 | トップページ | 彼女がスパイをやめる理由 SPY BOUND »

MOVIE&DRAMA~あ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21454/2706188

この記事へのトラックバック一覧です: 彼はフィリッポスの息子 ALEXANDER:

« “お茶”の魔力は偉大 | トップページ | 彼女がスパイをやめる理由 SPY BOUND »